現場で使える 検査値の読み方 2021年11月号エキスパートナース増刊

定価:1,700円(本体1,545円+税)

発売日:2021/10/20

PART 1 異常な検査値の読み方

  1. 感染症で、CRPとWBCが上がるのはなぜ?
  2. 炎症で、Albが下がるのはなぜ?
  3. 心不全で、BNPが上がるのはなぜ?
  4. 心筋梗塞で、CK、トロポニンが上がるのはなぜ?
  5. 循環不全で、Lacが上がるのはなぜ?
  6. 静脈血栓塞栓症で、D-ダイマーが上がるのはなぜ?
  7. 肝障害で、ASTとALTが上がるのはなぜ?
  8. 急性膵炎で、AMYが上がるのはなぜ?
  9. 慢性腎臓病で、カリウム(K)が上がるのはなぜ?
  10. 脱水で、BUN/Cre比が上がるのはなぜ?
  11. 化学療法で、末梢血の白血球数が下がるのはなぜ?

PART 2 高齢者の検査値の読み方

  1. 高齢者の検査値を見るときに注意したいこと
  2. 呼吸機能の低下で変化する検査値
  3. 心機能の低下で変化する検査値
  4. タンパク質代謝の亢進で変化する検査値
  5. 糖脂質代謝の低下で変化する検査値
  6. 身体機能低下の影響を受ける貧血に関する検査値
  7. 腎機能の低下で変化する検査値


本書に登場する主な略語