医療ことば図鑑 No.2「コンタミ」

No.2「コンタミ」

「コンタミしているかもしれないな」だって。こんー…紺たみ…民?

【コンタミ】

混入、汚染を意味する略語。
生物学や科学・医療実験等の分野で使われる。
意図しない不純物が混ざりこんで汚染されてしまった場合に、
「コンタミする」などと使う。
「汚染、汚濁」を意味する英語Contaminationに由来し、
略さずに「コンタミネーション」と言われることも。

検査項目も見ていたから検体が汚染していたってことか…。血液培養を滅菌操作で行うのは他の菌が入らないようにするためなんだね。血液培養の処置がある時は滅菌操作をしっかりやらなくちゃ。


「コンタミ」に関連する
『エキスパートナース』はこちら!

特集「血液がんの最新の治療・ケア」では、白血病や悪性リンパ腫など「血液がん」の治療・ケアの方法について詳しく解説。かつて「不治の病」といわれた血液がんの治療法は、近年著しい発達を遂げています。本特集では、最新の治療法・感染予防のケア、検査用血液の培養における「菌の鑑別法:原因菌かコンタミネーション(混入)した菌か)」など、現場で役立つ知識を紹介します。